1週間の断食で何キロ痩せる?私の体験談から考えてみた!

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

1週間の断食で体重は7キロぐらい痩せると思います。

かなり前ですが風邪をひいて2日ぐらい食べる事ができず2キロぐらい体重が減りました。
1週間だとそれぐらいは減ると思います。

病気などで食べたくなくて食べないのと、元気があって食欲があるのに我慢して食べないのでは精神的に辛いと思います。

経験がないので分かりませんが、多分2~3日は食べたい衝動でイライラしたりすると思いますが4日目ぐらいは動けなくなり意識がもうろうとしてくるような気がします。

 

餓死は何日食べないとなるかは分かりませんが、人よっては1週間も食べなかったらなるかもしれません。
1日食べない日があって食べる食事はごはんに塩だけでも美味しいです。

1週間食べてなくて食べる食事はどれ程美味しく感じられるのでしょう。
でも胃が弱っていてお肉とかは食べれない気がします。最初はお粥からぐらいしか食べれないと思います。

また食べ物に感謝すると思います。普段好き嫌いで食べ物を残したりすり事もなくなるでしょう。

リバウンドは少ないと思います。
一度そういう経験をし自分の食生活を見直せばきちんとした食生活に変われると思います。

 

リスクもあり私はしませんがダイエットを短時間で成果を出したい人にはありかもしれません。

セラミドを増加させるような食べ物、あるいはセラミドの生成を助けたりするような食品はいくつもありはしますが、食べ物だけで足りない分のセラミドを補おうというのは無理があります。

肌に塗って補給することが理にかなう方法と言えます。

いつも使っている基礎化粧品をラインですべて新しくしてしまうのって、どうしても不安を感じてしまいます。

トライアルセットを買えば、財布に負担をかけないで基本的な組み合わせの基礎化粧品を使って試すといったことが可能なのです。

古い細胞が入れ替わっていく新陳代謝が変調を来しているのをあるべき状態に戻して、最適なサイクルで進むようにすることは、美白の点でもすごく大事なことなのです。

ご存知の通り日焼けは肌によくありませんし、寝不足とかストレスとか、そして乾燥を避けるようにも気をつける必要があるでしょう。

老け顔の原因になるくすみとシミのない、澄み切った肌を自分のものにするという目標があるなら、保湿とか美白のお手入れが極めて重要と言っていいでしょう。

肌の糖化や酸化への対策の意味でも、意欲的にケアするべきではないでしょうか?

ビタミンC誘導体とかの美白成分が入っていると記載されていても、肌自体が白く変わったり、シミができていたのに完全に元に戻るのではありません。

あくまでも、「シミが生じるのを抑制する効果がある」のが美白成分だと解すべきです。

 

「近ごろ肌が少し荒れているような感じがする。」「今使っているものより自分の肌に適したコスメを見つけたい。」と思っている人にぜひ実行していただきたいのが、いろんなメーカーが提供しているトライアルセットを便利に使って、いろんなものを使ってみることです。

コラーゲンペプチドという成分は、肌の中の水分量を上げ弾力アップを図ってくれますが、効果があるのは1日程度でしかないのです。

日々摂取し続けていくという一途なやり方が美肌づくりの近道だと言っていいように思います。

巷間では天然の保湿成分として知られるヒアルロン酸なのですが、減らないように注意が必要です。

これが不足することによりハリのない肌になってしまい、シワも増えるしたるみなんかも目立つようになってきます。

肌の老化については、年齢だけの問題ではなくて、肌の中の水分量が深く関わっているのです。

生活においての幸福度をUPするという意味でも、肌が老化しないようなお手入れを続けることは大変に重要だと考えられます。

肌に水分を蓄えてくれるヒアルロン酸は、細胞を活発化させ人間の体を若返らせる働きを持つので、ぜひともキープしていたい物質ではないでしょうか。

色素を作り出す細胞として知られるメラノサイトは、シミの原因にもなるメラニンを作りますが、このメラノサイトの活動を低下させるのに、アミノ酸の一種のトラネキサム酸が有効です。

しかもトラネキサム酸は美白に優れているだけじゃなくて、肝斑に対しても期待通りの効果がある成分であると大評判なのです。

 

病院で処方してもらえるヒルドイドローションを、肌のお手入れにも使用して保湿をすることにより、気になっていたほうれい線を消すことができたというような人もいるのです。

今洗顔したばかりといった水分が多めの肌に、乳液のように塗布していくのがいいようです。

シワ対策にはヒアルロン酸ないしはセラミド、それからコラーゲンとかアミノ酸などの保湿に効き目のある成分が十分に入っている美容液を使うのがいいでしょう。

目元の部分は目元用のアイクリーム等を使ってしっかりと保湿すればバッチリです。

1日のうちに摂取しなくてはいけないコラーゲンの量については、5000mg~10000mgとのことです。

コラーゲン入りのサプリとかコラーゲン入りの飲み物などを上手に活用し、必要な分はしっかり摂るようにしてください。

肌の保湿力が足りないと感じるなら、各種のビタミンや良質なタンパク質をたくさん摂るように気をつける他、血液の循環を良くし、そして素晴らしい抗酸化作用もあるかぼちゃなどの緑黄色野菜や、豆腐あるいは油揚げなんかを積極的に食べるといいでしょう。

小さな容器に化粧水を入れて常に携帯しておけば、肌のカサカサがどうしても気になるときに、どこにいてもひと吹きできて役立ちます。

化粧崩れを防止することにも有効です。